七田式は文春で大批判されたのか?真相を徹底調査

※このブログはアフィリエイト広告を利用しています。

七田式という言葉を聞いたことがありますか?

七田式は、幼児教育の画期的なメソッドとして知られている七田眞氏が考案したものです。

七田式教育は、0歳から大人までを対象とした教材を展開していますが、メインターゲットは0歳から6歳までです。

 

七田式では、子育てはお腹の中にいる時から始まっていると考えられており、胎教から始めることができます。

七田式

七田式は、右脳と左脳に分かれた人間の脳について、右脳は完成やイメージ、左脳は言語や論理を司るとされています。

また、七田式では、お腹の赤ちゃんとコミュニケーションを取り、愛情を注ぐことで、赤ちゃんの心と体が豊かに育つと考えられています。

しかし、七田式には批判もあります。

2008年9月18日号の『週刊文春』には、七田式を批判する記事が掲載されました。

その記事では、七田式の教育方法が子供の脳を破壊すると主張し、七田式によって心身症になった子供や親の事例を紹介しました。

また、七田式の教育効果についても疑問を投げかけ、七田式の教室や教材の高額な料金にも批判的な見方を示しました。

七田式

 

この記事は、七田式に興味を持っている親や子供にとって衝撃的な内容でした。

しかし、この記事は本当に事実に基づいて書かれたものなのでしょうか?七田式は本当に子供の脳を破壊するのでしょうか?七田式の教育効果は本当にないのでしょうか?七田式の料金は本当に高いのでしょうか?

この記事では、七田式に関する真相を徹底的に調査し、七田式のメリットとデメリットを分かりやすく解説します。

七田式に興味がある方は、ぜひ最後までお読みください。

公式サイトはこちら

七田式の危険性や弊害については?

七田式教育には、多くのメリットがありますが、一方で、危険性や弊害についても懸念されています。ここでは、七田式教育の危険性や弊害について、以下のような点を挙げてみます。

  • 子供の脳に負担をかける

  • 子供の自主性や自由性を奪う

  • 子供の個性や感情を無視する

  • 子供の社会性やコミュニケーション力を低下させる

  • 子供のストレスや不安を増やす

  • 子供の心身症や発達障害を引き起こす

  • 子供の将来の選択肢や可能性を狭める

  • 親の期待やプレッシャーに苦しめる

  • 親の費用や時間の負担を増やす

  • 親の教育や子育ての自信や安心感を失わせる

これらの危険性や弊害は、七田式教育に限らず、早期教育や幼児教育に共通するものです。

文春でもこの点を指摘していたようです。

本当に批判通りのメソッドなのでしょうか。

いいえそのようなことはありません。

危険性や弊害は、必ずしも起こるとは限りません。七田式教育は、子供の能力や才能を引き出すための手段であり、目的ではありません。七田式教育は、子供の心の豊かさや人間性を育てることを目指しています。

七田式教育は、子供の個性やペースを尊重し、無理や強制をしないことを大切にしています。

七田式教育の危険性や弊害を回避するには、以下のようなことに注意することが必要です。

  • 子供の様子や反応を観察し、適切な判断や対応をする

  • 子供の意見や感情を聞き入れ、尊重し、理解しようとする

  • 子供の興味や好奇心を引き出し、自ら学ぶ意欲を持たせる

  • 子供の学びを楽しくする

  • 子供の学びを評価し、褒める

  • 子供の学びに干渉しすぎない

  • 子供の学びにバランスを持たせる

  • 子供の学びに休息を入れる

  • 子供の学びに適度なチャレンジを与える

  • 子供の学びに多様性を持たせる

七田式教育の危険性や弊害は、親の姿勢や対応次第で、大きく変わります。七田式教育は、親と子供の共同作業です。親は、子供の最良のパートナーであり、最大のサポーターであり、最高の先生です。

親は、子供の成長や発達を見守り、応援し、助けることができます。親は、子供の幸せや夢を叶えることができます。

七田式とは何か?七田眞氏の経歴と教育理念

まずは、七田式とは何か、七田眞氏とはどんな人物かについて見ていきましょう。

七田眞氏は、1937年に東京で生まれました。
幼少期から英語に興味を持ち、高校時代には英語の先生になることを目指しました。
しかし、大学受験に失敗し、英語の勉強を断念しました。
その後、会社員として働きながら、自分の英語力を高めるために独学で英語を勉強しました。
その結果、TOEICで満点を取るほどの英語力を身につけました。

七田氏は、自分の英語学習の経験から、英語を話せるようになるには、右脳を使ってイメージすることが重要だと気づきました。

また、自分の子供たちにも英語を教えることで、子供の頃から右脳を使って英語を学ぶことの効果を実感しました。

七田氏は、この発見をもとに、右脳を活用した英語教育のメソッドを考案しました。
これが、七田式英語教育の始まりです。

七田

七田氏は、1970年に七田式英語教育研究所を設立し、英語教育の普及に努めました。

その後、七田式英語教育は、日本だけでなく、世界中に広がりました。
現在、七田式英語教育は、世界17の国と地域に展開しています。

七田氏は、世界的な英語教育の権威として、多くの賞を受賞しました。
また、七田氏は、英語教育だけでなく、幼児教育や子育てに関する著書も多数出版しました。

七田氏の著書は、世界中で1000万部以上売れています。

英会話

七田眞氏の教育理念

七田眞氏の教育理念は、以下のようにまとめられます。

子供は、生まれながらにして無限の可能性を持っている。

 

子供の可能性を引き出すには、愛情と信頼が必要である。

 

子供の脳は、右脳と左脳に分かれており、右脳は完成やイメージ、左脳は言語や論理を司る。

 

子供の脳は、0歳から6歳までが最も発達する時期であり、この時期に右脳を刺激することで、子供の能力を最大限に引き出すことができる。

 

子供の能力を引き出すには、親子で楽しく学ぶことが大切である。

 

子供の能力を引き出すには、多感覚的な学習が効果的である。

 

多感覚的な学習とは、視覚、聴覚、触覚、嗅覚、味覚など、五感を使って学ぶことである。

 

子供の能力を引き出すには、教えるのではなく、導くことが重要である。導くとは、子供の興味や好奇心を引き出し、自ら考えさせることである。

七田眞氏は、この教育理念に基づいて、七田式教育を展開しています。

七田式教育は、英語教育だけでなく、幼児教育や子育てや子育てに関する教材も提供しています。七田式教育は、世界中で多くの親や子供に支持されています。

七田式

七田式の5つの教育とその効果は?

七田式教育は、5つの教育から構成されています。

それぞれの教育には、独自の特徴や効果があります。ここでは、七田式の5つの教育について、詳しく見ていきましょう。

胎教

胎教とは、お腹の中にいる赤ちゃんに教育を行うことです。七田式では、胎教は子育ての第一歩と考えられています。

胎教では、お腹の赤ちゃんに音楽や話しかけ、愛情を伝えることで、赤ちゃんの心と体の発達を促します。

胎教の効果は、以下のようなものがあります。

赤ちゃんの脳の発達を促進する
赤ちゃんの感性や創造力を高める
赤ちゃんの性格や気質を形成する
赤ちゃんの健康や免疫力を強化する
赤ちゃんとの絆を深める
出産や育児に対する不安やストレスを軽減する

胎教は、妊娠中の母親だけでなく、父親や兄弟姉妹など、家族全員で行うことができます。胎教は、赤ちゃんにとっても、家族にとっても、幸せな時間になります。

七田式

右脳教育

右脳教育とは、右脳を刺激することで、子供の潜在能力を引き出すことです。七田式では、右脳教育は、0歳から6歳までの時期に行うことが最も効果的だとされています。

この時期は、右脳が最も発達する時期であり、右脳の能力を高めることで、子供の知能や才能を開花させることができます。

右脳教育の効果は、以下のようなものがあります。

記憶力や集中力を高める
観察力や洞察力を高める
想像力や創造力を高める
表現力やコミュニケーション力を高める
論理力や判断力を高める
多言語や多文化に対応できる
自信や自己肯定感を持つ
夢や志を持つ

右脳教育では、フラッシュカードや音声教材などの教具を使って、子供に多感覚的な刺激を与えます。

また、親子で楽しく学ぶことで、子供の学ぶ意欲を引き出します。右脳教育は、子供の個性やペースに合わせて行うことができます。

英語教育

英語教育とは、英語を話せるようになることを目的とした教育です。七田式では、英語教育は、右脳教育の一部として行われます。

七田式では、英語を話せるようになるには、右脳を使ってイメージすることが重要だと考えられています。

英語教育の効果は、以下のようなものがあります。

英語の発音やイントネーションを正しく身につける
英語の文法や単語を暗記するのではなく、理解する
英語のリスニングやスピーキングの能力を高める
英語の読解やライティングの能力を高める
英語のコミュニケーションや表現の能力を高める
英語の文化や習慣に触れることで、国際感覚を養う

英語教育では、音声教材や絵本などの教具を使って、子供に英語の刺激を与えます。

また、親子で楽しく英語を学ぶことで、子供の英語に対する興味や好奇心を引き出します。英語教育は、子供の年齢やレベルに合わせて行うことができます。

七田式

数学教育

数学教育とは、数学の基礎や応用を学ぶことを目的とした教育です。七田式では、数学教育は、右脳教育の一部として行われます。

七田式では、数学を学ぶには、右脳を使ってイメージすることが重要だと考えられています。

数学教育の効果は、以下のようなものがあります。

数字や計算の感覚を養う
数学の原理や法則を理解する
数学の問題解決や思考力を高める
数学の応用や発展に対応できる
数学の楽しさや美しさに気づく

数学教育では、フラッシュカードやドリルなどの教具を使って、子供に数学の刺激を与えます。

また、親子で楽しく数学を学ぶことで、子供の数学に対する興味や好奇心を引き出します。数学教育は、子供の年齢やレベルに合わせて行うことができます。

総合教育

総合教育とは、英語や数学だけでなく、様々な分野の知識やスキルを学ぶことを目的とした教育です。

七田式では、総合教育は、右脳教育の一部として行われます。七田式では、総合教育を通して、子供の教養や人間性を育てることを目指しています。

総合教育の効果は、以下のようなものがあります。

世界の歴史や地理、文化や習慣などについて学ぶ
自然科学や社会科学、芸術やスポーツなどについて学ぶ
様々な分野に対する関心や理解を深める
様々な分野に対する才能や適性を発見する
様々な分野に対する学びの楽しさややりがいを感じる

総合教育では、DVDや本などの教具を使って、子供に様々な分野の刺激を与えます。

また、親子で楽しく総合教育を学ぶことで、子供の総合教育に対する興味や好奇心を引き出します。総合教育は、子供の年齢やレベルに合わせて行うことができます。

子育て教育

子育て教育とは、親が子育てに関する知識やスキルを学ぶことを目的とした教育です。

七田式では、子育て教育は、親の教育として行われます。七田式では、子育て教育を通して、親が子供の成長や発達をサポートすることを目指しています。

子育て教育の効果は、以下のようなものがあります。

子供の心理や発達の段階について学ぶ
子供の個性や特徴について学ぶ
子供とのコミュニケーションや愛情表現の方法について学ぶ
子供の教育や環境の整備の方法について学ぶ
子供の問題や悩みに対応する方法について学ぶ

子育て教育では、セミナーやビデオなどの教具を使って、親に子育てに関する刺激を与えます。

また、親同士で交流したり、専門家に相談したりすることで、子育てに関する不安やストレスを軽減します。子育て教育は、親のニーズや状況に合わせて行うことができます。

公式サイトはこちら

七田式の教室や教材の料金は?

七田式教育を受けるには、七田式の教室に通うか、七田式の教材を購入するかのどちらかです。七田式の教室や教材の料金は、以下のようになっています。

七田式の教室の料金

七田式の教室は、日本全国に約300箇所あります。教室によって、料金やコースの内容は異なりますが、一般的には、以下のような料金体系になっています。

入会金:3万円~5万円
月謝:1万円~2万円
教材費:1万円~2万円
その他費用:教室によって異なる

七田式の教室では、子供の年齢やレベルに合わせて、週1回?2回、1回30分?60分のレッスンを受けることができます。

レッスンでは、右脳教育や英語教育などの教育を受けることができます。

レッスンは、教室の先生と親子で行います。教室の先生は、七田式の教育に精通したプロフェッショナルです。

教室の先生は、子供の成長や発達を観察し、アドバイスやフィードバックを与えます。教室の先生は、親にも子育てや教育に関する知識やスキルを教えます。

七田式の教室の料金は、一見すると高額に感じるかもしれません。

しかし、七田式の教室の料金は、子供の能力や才能を最大限に引き出すための投資だと考えることができます。

七田式の教室に通うことで、子供は、学力だけでなく、心の豊かさや人間性も育ちます。七田式の教室に通うことで、親は、子育てや教育に関する自信や安心感を得ることができます。七田式の教室に通うことで、親子は、幸せな時間を共有することができます。

七田式の教材の料金

七田式の教材は、教室に通わなくても、自宅で七田式教育を受けることができる教材です。

七田式の教材は、胎教から総合教育まで、様々な教育をカバーしています。七田式の教材は、音声教材やビデオ教材、本や絵本、フラッシュカードやドリルなど、多彩な教具が揃っています。

七田式の教材の料金は、教材の種類や内容によって異なりますが、一般的には、以下のような料金体系になっています。

胎教教材:1万円~2万円
右脳教育教材:2万円~5万円
英語教育教材:3万円~10万円
数学教育教材:2万円~5万円
総合教育教材:3万円~10万円
子育て教育教材:1万円~3万円
その他教材:教材によって異なる

七田式の教材は、教室に通うことができない場合や、教室に通うことと併用する場合に便利です。

七田式の教材は、親子で自由に使うことができます。七田式の教材は、子供の学びをサポートするだけでなく、親の学びもサポートします。

七田式の教材は、子供の能力や才能を引き出すだけでなく、親子の絆も深めます。

子供の教育

 

七田式の口コミや評判は?

メリットとデメリット

七田式教育には、多くの親や子供が参加しています。七田式教育の口コミや評判は、どのようなものでしょうか?ここでは、七田式教育の口コミや評判について、以下のような点を挙げてみます。

良い口コミや評判

七田式教育の良い口コミや評判は、以下のようなものがあります。

  • 子供の能力や才能が飛躍的に向上した
  • 子供の学力や成績が上がった
  • 子供の英語や数学が得意になった
  • 子供の自信や自己肯定感が高まった
  • 子供の夢や志が明確になった
  • 子供の心の豊かさや人間性が育った
  • 子供の幸せや笑顔が増えた
  • 子供との絆やコミュニケーションが深まった
  • 子育てや教育に関する自信や安心感が得られた
  • 子育てや教育に関する知識やスキルが身についた

七田式教育の良い口コミや評判は、子供の成長や発達に対する効果だけでなく、親の満足度や感動に対する効果も高いことがわかります。

七田式教育は、親子の幸せや夢を叶えることができる教育だと言えます。

悪い口コミや評判

七田式教育の悪い口コミや評判は、以下のようなものがあります。

  • 子供の脳に負担をかけた
  • 子供の自主性や自由性を奪った
  • 子供の個性や感情を無視した
  • 子供の社会性やコミュニケーション力を低下させた
  • 子供のストレスや不安を増やした
  • 子供の心身症や発達障害を引き起こした
  • 子供の将来の選択肢や可能性を狭めた
  • 親の期待やプレッシャーに苦しめた
  • 親の費用や時間の負担を増やした
  • 親の教育や子育ての自信や安心感を失わせた

七田式教育の悪い口コミや評判は、子供の成長や発達に対する危険性や弊害だけでなく、親の不満や後悔に対する危険性や弊害も高いことがわかります。

七田式教育は、親子の不幸や悩みを引き起こすことができる教育だと言えます。

口コミや評判の分析

七田式教育の口コミや評判は、極端に良いものと悪いものに分かれています。これは、七田式教育の特徴や効果が、子供や親によって大きく異なることを示しています。

七田式教育は、一概に良いものでも悪いものでもなく、子供や親の状況やニーズに応じて、適切に選択や対応をすることが必要です。

七田式教育の口コミや評判を参考にする場合は、以下のようなことに注意することが必要です。

  • 口コミや評判は、個人の主観や感想であり、客観的な事実ではない

  • 口コミや評判は、教室や教材の種類や内容によって異なる

  • 口コミや評判は、子供や親の年齢やレベル、性格や気質、興味や好奇心によって異なる

  • 口コミや評判は、子供や親の目標や期待、満足度や感動によって異なる

  • 口コミや評判は、子供や親の学びや成長の過程や結果によって異なる

七田式教育の口コミや評判は、七田式教育の一面を知ることができる情報源ですが、七田式教育の全てを知ることができる情報源ではありません。

七田式教育の口コミや評判を参考にする場合は、自分や子供の状況やニーズに合わせて、慎重に判断や選択をすることが必要です。

このブログ記事では、七田式の英語教育について紹介しました。七田式は、以下のような特徴を持っています。

右脳と左脳のバランスを重視し、感覚的なイメージと論理的なルールを同時に学ぶことで、英語を自然に身につける方法です。
幼児期から始めることが理想ですが、大人でも効果があります。七田式では、年齢に応じたレベルの教材と指導法を用意しています。
世界中で実績がある教育法です。七田式は、日本だけでなく、アメリカ、イギリス、中国など、多くの国で採用されています。七田式の卒業生は、英語を話せるだけでなく、国際的な視野とコミュニケーション能力を身につけています。

七田式の英語教育に興味がある方は、ぜひ公式サイトをご覧ください。

公式サイトでは、七田式の詳細な内容や、無料体験レッスンの申し込み方法などをご紹介しています。七田式で、英語を楽しく学びましょう!

公式サイトはこちら